【刀剣乱舞】思えば之定の歌仙と十一代と十二代の集合体?の兼さんは


引用元: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1518667664/

203: 名無しさん@おーぷん2018/02/15(木) 23:10:00 ID: yzt
思えば之定の歌仙と十一代と十二代の集合体?の兼さんは
十二代続いた刀工兼定のうちたった二人受領名を許された『和泉守兼定』の作品なんだなって
年代も打たれた場所も主の身分も違うけどもどちらも和泉守拝領してるって歴代の中での共通点あるのが面白い
205: 名無しさん@おーぷん2018/02/15(木) 23:26:11 ID: YcQ
>>203
会津に行ってからからカウントした兼定で12か11代だから之定たち関時代からカウントしたら+3代か4代じゃないの?
206: 名無しさん@おーぷん2018/02/15(木) 23:38:59 ID: yzt
戦国時代の官位や家系はただの飾りといってもある程度格式が求められる場所ではじわじわ効いてきて
伊達政宗が馬揃え一番の晴れがましい役を貰った時に二番だった蒲生氏郷が豊臣秀吉に「源氏の最上家を差し置いて官僚の藤原氏の伊達家に武家の行事の馬揃えで一番を任せるのはおかしい」と言い出して「だよねー(よくわからん」と秀吉も納得して
一番が最上で二番が蒲生で三番が伊達の並びになって大嫌いな人間二人に派手な儀式で煮え湯飲まされた政宗が激怒した事件があったり
伊達政宗この馬揃えの前に蒲生家の所領でほぼ恒例の一揆の煽動してるので嫌がらせされても仕方ない(ちなみに馬揃えから帰ってすぐまた一揆の煽動した)
>>205
そうか会津でカウント別なのか兼定で受領名授かったのは之定と会津兼定十一代二人だけだからなんとなく続いて数えてたわヤベ
208: 名無しさん@おーぷん2018/02/16(金) 00:18:39 ID: iln
>>206
その蒲生氏郷は会津藩主だった当時二代会津兼定を召し抱えてる
ちな初代会津兼定は蒲生氏の前の会津藩主だった蘆名家に
抱えられたとされているが、蘆名氏は伊達政宗にぼろ負けしてほぼ滅亡、
蒲生家が入ってくるまで会津は伊達のものだった

っていうバックボーンを合わせて考えると、
本人(本刃?)は美濃時代の兼定であるとはいえ、
兼定の名を持つ歌仙と伊達の刀の折り合いが悪いのも
しょうがないね、という気分になってきたりする
九曜と竹雀って名前だし7面回想は細川と伊達軸なのは当然なんだけど、
実は“兼定”もほんのり伊達とは因縁があるんだなあという話

スポンサーリンク
PC 336 280
PC 336 280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加